多くの要因

機械の導入が最も積極的に考えられている分野は農業である。
農業は野菜や米などの農産物をこまめにチェックすればするほど、いいものになるのである。
しかし、人間では24時間農産物を監視することは出来ないのが現実だ。
また、24時間チェックするために交代で監視をするような農家もあるが、農業には様々な経験や技術が必要になるため、一人で農産物の状態をチェックできるようになるには時間がかかってしまうのである。
そのため、農業分野では特に自動制御できる機械の登場が待たれていたのである。

農業を行なう上で最も大切なのが温度管理である。
野菜や果物などは気温によって成長の度合いや味などが大きく変わるため、美味しい野菜や果物を作るためには、徹底した温度管理が重要になるのである。
しかし、温度を左右する要因はたくさんあるため、その要因を網羅した自動制御できる機械が必要になるのである。
例えば、部屋の温度を一定に保つだけであれば、温度を測定して自動制御でコントロールできる機械で行なうことができる。
ただ、実際には部屋の気温以外にも風の強さや太陽光などの条件が重なることによっても温度は変わる。そのため、こういった要因も測定できるようにならなければ、完全に人の手を離れた温度管理は行なうことが出来ないのである。
最近は技術の発展により、こういった要素も測定できる機械が研究されている。
現在でも非常に使いやすい機械だが、自動制御できる範囲が研究によってどんどん進んでいけば、今よりも様々な分野で機械を活用できるようになるだろう。